NEUTRINO調声支援ツール

はじめに

本ソフトウェアは NEUTRINO をGUIで簡単に扱えるように、 また、ピッチやタイミングなどの中間ファイルを編集するために作成したものです。(非公式ツールです)
NEUTRINO の基本的な使い方や仕様・設定等は、NEUTRINO公式サイトをご覧ください。 不具合を発見された方は私のTwitter(@m_sig_tw)までご報告いただけると助かります。

初期設定

メニューバーのファイル(F)から環境設定を選択し、NEUTRINOフォルダのパスに Run.batが存在するフォルダを指定してください。

ファイル(プロジェクト)の読み込み

メニューバーのファイル(F)から開くを選択するか、編集画面(ピアノロール画面)にファイルをドラッグアンドドロップしてください。
読み込めるファイルの種類は musicxml, xml, f0, mgc, bap, lab です。
読み込めるのはNEUTRINOフォルダー内のファイルのみです。
例えば、musicxmlファイルが NEUTRINO のscoreフォルダ内ではなく別のフォルダにある場合は、 scoreフォルダ内にコピーしてから読み込んでください。(f0やlabなども同様です)

基本的な使い方

左側の SCORE, TIMING, PITCH, DYNAMICS から編集したいものを選択して、 上部に並んでいるツールから使いたいツールを選択し、 編集を行ってください。
タイミングを書き換えるとピッチも生成し直さないといけないため、 タイミング → ピッチ・ダイナミクス の順序での編集をおすすめします。
編集し終わったら、保存をしてNEUTRINO・WORLD・NSFを実行してください。(次の章で説明します)

SCORE

今のところ未実装です。

TIMING

縦線をドラッグすると音素のタイミングを編集できます。

PITCH

ピッチの編集ができます。

DYNAMICS

音量の編集ができます。

NEUTRINOの操作

NEUTRINOをGUIで操作できます。 メニューバーのNEUTRINO(N)からNEUTRINO操作パネルを選択し、実行したいモジュールを選んでください。

Q&A

読み込めないとき